<自己紹介>
 車(心地いい適度な速度での運転)と
写真撮影(シャッターを押している瞬間)と
音楽(演奏会に行く)が好きな私です。
ハンドルネーム Ryokoba (りょうこば と読みます)
  デジタルカメラの手軽さにハマッテしまった。
  銀塩も好きなため、HPタイトルにSuperを付け、
  銀塩写真も、デジタルPhotoとして公開します。

  自称“社会派カメラマン”として、日夜活動しよ〜っと・・・
  時代を鋭く捉えることを心がけ シャッター を押す日々。
活動場所 OMNエリア内。および隣県市町村で活動中。
  》》私がレース場に通う理由は末記《《
Web up秘話 寒がりなので、冬場は、活動休止状態です。
春・夏・秋・が主な活動シーズンとなっており、
冬は、貯まった写真を小出しでUpします。
音楽
*角松敏生さんの曲が、心を支えています*
   みんな忘れかけているんだ、ときめくことの優しさを
   冬は誰も一人きりじゃ 過ごせはしないから。
                (No end Summerより)

(2003/03/09 改)


※ 私がレース場に通う理由 ※
↓↓↓↓↓↓↓↓
*カメラを所有すると・・・人物を撮りたい!と思う人も多いはず。
自分の周囲を考えた場合、レンズに向って素敵に微笑んでくれる被写体が、
あまり多くないことに気付きます。


そこで私は思いつきました。そうだ!レースクィーンだ!
車で二時間以内の近くに国際規格のレース場が2つもある。

ここから私のレース場通いが始まるわけです。
 撮影するためには、モデル撮影会なみの費用も掛かります。
 レース場は広いですから、Walkingとしてもいい運動になります。

レースクィーンは、キャンギャルのプロですから、素敵に微笑んでくれます
パラソルをさす理由も「余計な背面を隠すため」と理解できるようになりました。
(小生、余計なものを省くせいか、アップが多くなってしまいます。・・・反省)

私は、マナーを持って撮影にあたります。
「素敵な微笑みを撮りたい」と思いながらシャッターを押します。

それに加え最大の理由は、私はきれいなお姉さんが大好きです。

レース車両のバトルは、応援するチームを決めて観戦するので面白いです。
私は、できるだけ予選から足を運ぶように心がけております。